日曜まで【値下げ】あいや~ポッパー

日曜まで【値下げ】あいや~ポッパー

maison michel メゾンミッシェル カンカン帽 麦わら シャネル

門の前で母と向き合い、私は苦笑する。



志半ばで倒れた父。
そのあとを引き継ぐ、勇者の子。
次なる勇者。

街の人や王、この大陸の人々の期待。

橋を渡りきり、王城の門を見上げた私に

「サーシャ、よく来たな。…王がお待ちだ」

顔なじみの兵士が、神妙な顔で言った。
私は ─── 笑って、うなずいた……。














そんな具合で。

笑みを作る気も失せ、淡々と言えば、あれだけ賑わっていた酒場はシンと静まり返った。
















「今日はとりあえず家に帰るか…」

そろそろ日も暮れる。
練習中だったメラをちゃんと唱えられるようになっただけでも収穫だ。









「わかった。それじゃまたね母さん」

心配そうな母の頬にキスをして、私は笑顔で家を出た。

足取りも軽く、私は再び町を出た ─── 。



「ふう、昼よりは少し手こずるけど…戦えなくはないかなぁ…薬草も毒消し草も多めに持ったし、回復しながらならレーベまで何とか持ちそうだ」

「でも、ちょっと疲れた……」

家で少し寝てくれば良かった。

思い出すのはいかつい手と、笑うとくしゃっと歪む顔。

気が緩んで来たせいか、まぶたが重くなってきた。











「それ」は私の首元に何かを突きつけて言う。

「大人しくしててくれりゃ、何もしないさ。悪いんだが金目のものを出してくれないか」

─── 盗賊?

一瞬ヒヤリとしたものの、すぐに違和感に気付く。
盗賊の類にしては……
振り向こうとすると首元の手に力がこもった。

「おっと、動くなよ。その剣より速くアンタを刺すこともできるぜ」
「いや……あんたはそうはしないよ」
「何?」

くす、と私は笑う。

「だって、殺気どころか敵意すら感じない。むしろ困惑と申し訳なさそうな気配が漂ってるもの。これ、ナイフじゃないだろ? 」

首元へ手をやり、突きつけられていたものを掴んで振り返る。

──────── 困ったような顔で、木の枝を持った男は私を見ていた……。





「卑怯な真似をしてすまなかった。切羽詰まってたとはいえ、許されることじゃないよな。本当に悪かった……俺はウルフっていうんだ」

焚き火に枝を足し、二人で火のそばに座る。
ウルフと名乗った若い男は申し訳なさそうに頭を深々と下げた。


感じ入ったように言い、ウルフは私の方へ向き直る。


そう。
彼が持っていたのは木の枝一本のみだった。

「そうだね。こんな夜の森で丸腰って、私よりも度胸あると思うよ」

少しイタズラっぽく言ってやると、ウルフは苦虫を噛み潰したような顔をする。

そこで私の起こした火が見えてやって来たということか…。

不思議な力のことは説明しても信じて貰えないだろうし、仮に信じてもらえてもそれで構えられてしまうのは嫌だから、言わないつもりだし。

ウルフはなるほど、と頷いた。

言って笑う。
──── そう、笑った。久しぶりに、何も気にせずに。心から。


「ははは、旅慣れてないのはお互い様か。んじゃ、レーベまでの短い間だが、宜しくなサーシャ」
「こちらこそ、よろしくウルフ」













先輩の胸を押し返す腕には力が入らず。
あ、まずい。
腰が抜ける。
かくっと膝が力を失った瞬間、先輩が素早く腰を支えてくれた。
ようやく耳から離れた先輩は、満足そうに笑みを深くして。
「ここ、弱そうだな?」
かすめるように耳を撫でられ、けれど足に力が入らなくて先輩に抱えられている状態ではろくに抵抗もできず、私は肩で息をしながらふるふると首を振った。
先輩はやれやれと笑って私を抱き抱える。
突然のことに慌てて先輩の首へ腕を回して捕まったが、すぐに下ろされた。
──── ベッドの上に。
え、と……これってつまり。
言われて初めて、さっき私すごい悲鳴を上げてたんじゃ、と思い至る。
声を抑えるとか、まるっきり頭からすっ飛んでいってた。
て、それよりも!!
「せ、せんぱい、お風呂がまだですっ」
「……案外、往生際が悪いな」
「ええっ!?」
「どうせ後で入ることになるんだ、今入ってもあまり意味はねーぞ?」
でももう考えちゃった!!
「ちゃんと意味は通じたらしいな」
「通じ……ましたけど……でも、だって、昨夜入ったきりで寝汗とかかいてるのに……」
「俺は気にしない」
「私が気にしますっ」
じゃあ、と先輩はニヤリと笑う。
あ、この顔。
なんか、どこかで見たような。
楽しそうというか、イタズラしてやろうみたいな顔。
「一緒に入るか? 広くはないが2人で入れないほど狭くもないぜ?」
先輩がくいと親指を立てて差したのは、バスルームのあたり。
「……先輩って、結構いじわるですよね」
そうですね、なんて言えないのが分かってて敢えて振るんだもん。
「お前が焦らすからな」
元から冗談のつもりだったのか、先輩は立ち上がることも無く。
ベッドの上で座る私の額にそっとキスを落とす。
それから、目の端に。頬に。鼻先に。
最後に、唇に。
「……優しくする」
蕩けそうなほど優しい微笑みで、優しい声でそう囁かれてしまったらもう
「………………はい」
頷くしかなかった。
でも、でも、どうしたらいいんだろう?
全部先輩に任せていればいいの?
それとも、服は自分で……ぬ、脱ぐのかな……?
気付いたら裸になってたりするし、あまりハードな描写もないというか細かい描写はない。
そういうのがある本はR指定が入るだろうし。
「あーあのな……ちと言いにくいんだが」
先輩が、頭を掻きながらきまり悪そうに視線を逸らした。
な、なんかしなきゃいけなかったんだろうか。
私は戦々恐々、先輩の顔を見つめることしか出来ず。
何を言われるのかと構えていたら。
「へっ?」
つまり、500年以上前ということだよね。
「だからさ、痛いとかつらいとかは我慢しないで言ってくれ。お前にはそんな思いは絶対にさせたくない」
先輩の誠意がめいっぱい伝わって、私は純粋に嬉しかった。
社会人だった頃の云々は、そりゃ先輩にも色々あったんだろうし……出会ってもいない頃のことをどうこう考えたって仕方がないから。
今、先輩が私だけを見てて。
私を大事な人だと言ってくれて。
私が欲しいのだと、そう思ってくれていること。
それが、一番大事で、それ以外にはないんだ。
私が頷くのを確認すると先輩は少しホッとしたようだった。
ああ、こんな感情が何百年ぶりとか、言ってたよねそう言えば。
瑛さんも、何百年ぶりかしらねって言ってたし……瑛さんは先輩よりも長生きなんだろうか。
もしかしなくてもこれは、先輩も緊張してるってことよね?
「私、本当に何も分からなくて……こうして欲しいとか、そういうの……先輩が教えてくださいね?」
「……ああ、わかった」
「大好きです……先輩」
「好きだぜ、琴馬」
どちらからともなく、私たちは身体を寄せて抱き合った。
先輩の温もり、香り、鼓動。
私の安定剤は目の前にある。
だから、大丈夫。




頑張りなさいよと言った瑛さんと、焦った様子の先輩。

ああ、そうか、って。
あっさり、わかってしまった。


今日、先輩と未来を誓い合ったんだ。
恋人同士になったんだ、私。

もう、昨日のように何も知らない私ではなくて。
先輩の部屋へ行くこと、それが何を許すと言うことなのかを知っている。


「その先を見る」勇気は、今日。
命懸けで示したのだから。

きっと先輩のことだから……根は真面目で優しい人だから……

いくら想いを通じたとはいっても出会って間もない私に手は出せない、と思っているんじゃないかな。


私が昨日、先輩の部屋で思ったように。
軽薄だと思われるのを恐れているんじゃないか、と思う。





ねえ、先輩。
案外嘘が下手なんですね。
さっきからずーっと、口数も笑顔も減ってますよ?





意外ではあるけれど、先輩が少し取り乱してくれたおかげか私の方は驚くほど冷静だった。


出会って2日の相手に告白をして、今から部屋へ行って


この人に、抱かれるのかもしれないんだと。


もちろん、想像したらすごく恥ずかしくて
顔も赤くなってただろうと思うけど。
精一杯がんばって
私は構わないのだと態度で示してみよう、と思ったのだった。













でも今、早くもその決意が崩れ去ろうとしていた。

抱きしめられたまま、真っ向から目を見つめて言われた言葉に、ただ一言はいと答えることも出来なくて。




今だってこんなに近いのに。
こんなに、心臓がドキドキいってるのに。



耐えられるんだろうか、と不安になる。


だけど先輩は真剣な表情で私の答えを待ってて……


今の関係でそれがどれほど酷い仕打ちなのかは、いくら私でもわかる。







触れさせてくれと、先輩は言った。


私は?
どうしたいんだろう。


私は ────

「私も、先輩に、触れたい……です」


するりと、口から零れたのは紛うことなき私の本音だった。

この人に触れたい。

もっと近くに感じたい。

なれるものなら、ドロドロに溶けて、混ざり合って、ひとつになってしまいたい。



この人の全てが



欲しい。



「私って、けっこう欲張りだったんだ……」
「琴馬?」
「ふふ。先輩の全部、ぜーんぶ欲しいみたい、です」


先輩の背中に腕を回してぎゅっとしがみつく。
ドッドッと駆け足の鼓動が聞こえた。

先輩は、馬鹿と焦ったように呟いて、私の頭を撫でて。



髪を梳くようにして撫でられて、心地良さに目を閉じる。



優しい先輩。
でも、ね。
女って、覚悟を決めたら怖いみたいですよ?








私は先輩の胸をやんわり押して、少しだけ上体を離し

両腕を先輩の首に巻き付けて

先輩の髪に指を絡ませて

思い切り背伸びをすると


生まれて初めて、自分から唇を重ねた。



すかさず、先輩の腕が私の背を支える。
少し上体を屈めてくれたので私の足は再び地面に着地した。


唇を離そうとしたら ────

「煽るなって言ってんだろ? 悪い子猫だな」

唇の距離はゼロのまま。
先輩が囁いた。


何かを言おうと口を開いたら ──── 噛み付かれた。

いや、噛み付くようにして先輩の唇が押し付けられた、というのか。





するりと口内に押し込まれたのは、先輩の熱い舌。

唇で甘噛みし、優しく歯を立てて、裏側をなぞるように舐めあげては押し返し、また吸い上げる。

それでも先輩はまだ離してくれる気はないようで。


歯の裏側、歯茎の境目あたりを舌先でなぞられて
思わず、喉の奥から声が出た。


自分でも驚くくらい甘い声。
くぐもったそれは先輩の口内に吸い込まれて消えて



満足したのか、火をつけたのか……背を支えていた先輩の左手が私の頬に触れ、髪を耳にかけた、と思ったら


「……ぁっ!」


耳の中に、先輩の指先が差し込まれた。
くすぐったい、はずだったのに。
甘い痺れが耳から背中、腰まで駆け抜けて


甲高い声が漏れた。
かすめるように、先輩は私の耳を弄ぶ。




甘い痺れに身体は自然と逃げるような体勢になり。
唇を離して身体をよじれば、あろうことか先輩は私の耳に口付けた。


ひゃっと悲鳴が飛び出して身体が跳ねる。


くす、と笑う先輩の息遣いが耳にダイレクトに伝わって、それすらも甘い痺れを生んだ。

そして、粘着質な音が聞こえたと思ったら ────


「やあぁっ、あ、あー……!」



先輩の舌が、耳の中に入り込んできた。
暖かく湿ったそれは、さっき指が撫でていたところをなぞるように動き回って。


ついに私は声を抑えきれなくなって
泣くような、ねだるような、懇願するような悲鳴を上げた。

お受験セット ファミリアアンサンブル+ブラウス バーバリーシューズ その他 【EIZO サンダル 22cm 】レディース
 
 
 
 
俺の目の前には小悪魔がいる。
それも、天然ものだ。







まあ、軽く21時を過ぎていたのも理由のひとつではあったが……
あのままあそこにいたら、俺まで雰囲気に飲まれそうだったというのが本音だったりする。





瑛が悠然と去った後、ふと視線を戻せばそこには。

小首を傾げながらカクテルをちびちび飲む琴馬の姿があった。

こいつ酔っ払ってないか?
ノンアルコー 【期間限定値下げ中】MaisonMargiela ニット帽テルで?


有り得ないとは言いきれない。
場の雰囲気だとか、むしろ瑛の雰囲気だとかに酔った可能性が……



そこまでは良かった。
ああ……今日は色々あって疲れただろ、しっかり休むんだぜと告げられれば、なお良かったのにな。












駐輪場にバイクを置いてすぐだった。
琴馬が、俺の服の袖口をキュッと掴んで引っ張ったのだ。

「あの……手、を」

繋ぎたいです……と照れた表情を見せられて。
黙ってぎゅっと琴馬の手を握った。
そうすると今度は違う、と言う。

「こうです」

指と指を絡ませた、いわゆる恋人つなぎ……というやつだ。

少し指先に力を込めた琴馬は、嬉しそうにはにかみながら俺を見上げてくる。





耐えろ俺。



そんな俺の涙ぐましい努力を。
こいつはまた打ち砕く勢いでやらかしてくれた。

「先輩の部屋まで、このまま繋いでてもいいですか?」





なぜ、「いいぜ」と答えたんだろうな。

まぁ理由はわかってるんだが。
こいつの頼みを断れるわけもないし、それ以上に



自分が、期待してしまっているからだ。



なあ琴馬。
そう言いたいところをぐっとこらえる。





何を躊躇うことがある?
琴馬が自ら飛び込んできたんだ、ありがたく頂戴すればいい。

そう囁く自分と

こいつの危機感のなさは知ってるだろう?
うっかり手なんか出したら傷付けるに決まってる。

そう諌める自分とがいよいよ死闘を開始したようだ。








社会人の時は、本気で恋には落ちなかったものの一応付き合いがある、と言えなくもない女もいた。
向こうが擦り寄って来たのを拒まなかったというだけの話だが。


こちらにその気がないのは向こうも気付いたのだろう、何度目かのデートの後のホテルで「もう終わりにしましょ」という決まり文句を枕と共に投げつけられた。



あの頃は、空虚感に苛まれていた。
いや、こいつに出会うまでずっとかもしれない。

俗世のあれこれが、ただ面倒で。
かと言って、妖怪の世界に浸ると全てが停滞しそうで。

まだ、人間界のほうがいくらかマシだというだけでこちらにいた。


それなりに楽しいことも、こちらにはあるし。
時間の流れを忘れてしまうよりは。




立っていられないほどの速さで世界が回りだす。
もう、あの緩やかな澱みの中には戻れない。





「先輩」

部屋に入ると、琴馬は申し訳なさそうに目を伏せた。

「さすがにそろそろ電池がなくなりそうです」
「あ、ああ 新品未使用 38explore 38灯 ドレスアップステッカー Dリング付きか。俺のが使えるといいが……」


どれ、と手を出して琴馬の ニューモ 育毛剤 75ml 2本セットを受け取る。

「大丈夫そうだな」
「良かった! あっそうだ、お風呂まだ入ってないや」




普段通りの琴馬、だよな。
昨日と何ら変わりない。




「先輩、変な質問かもしれないんですけど」
「ん?」
「えっとそのぅ、お風呂って、先に入るものですよ、ね……?」
「……ん?」




先に?

何の?




もじもじ。
琴馬が唇を指でぐにぐに弄びながら目を逸らす。







何しろこいつは純情で無垢だと、俺が勝手に決め込んでいたわけで。






そんな俺を見て琴馬は何を思ったのか、顔を真っ赤にして。


「ななななんでもありませんっ! 私帰ります!」



……最初に会った時のように。


だから俺も、あの時と同じように。
琴馬の腕を掴んで、 エアーポッズ プロ AirPods Pro 右耳のみ R片耳 Apple正規品と引き戻して。





「……帰るなよ」


あの時と違うのは

俺が、琴馬を抱きしめていること。




「夢であってたまるか、なんて言っておきながら……これは夢なんじゃないか、朝起きたら上の部屋は空っぽで、お前も居ないんじゃないか、なんて思ってるんだよ」



「えっ……せ、先輩が?」


琴馬が抵抗をやめて、目を真ん丸にして見上げてくる。
よほど意外だったらしい。



その時は何としてでも歯止めを効かせてやるから。
だから、どうか。


「……お前に、触れさせてくれ」

るう 様 専用 たかの友梨エステファクト 2個セット ジュエリーパクト レフィル
不思議な感覚だった。



テレビでオネェという人たちを見ても、嫌悪感もなければ特に好きだとも思わなかったのに。



黒瀬さんは、とてもとても素敵で。
オネェだったからこその魅力なんだなって、素直にそう思えた。




「拓はまだ知らないのか?」
「知ってたらあたしがここでのんびりお酒飲んでると思う?」
「それもそうか……あいつに知られてないのがせめてもの救いだな」

先輩と黒瀬さんが話し出したのは、おそらく他の大天狗のみなさんについて、なのだろう。
私はカクテルをちびちび飲みながらじっと聞いている。


「まあ、そのつもりではいるが……明日は先にやりたい事があるんだよ」
「ああ、鬼を封じた木の話?」
「お前、一体どこから知ってんだよ」



呆れたように言われて黒瀬さんはふふんと笑う。

「あたしに隠し事なんて無駄よ。あたしが琴馬ちゃんをすんなり認めた理由がわかる? この子の覚悟……あたしも見せてもらったわ」



覚悟。
それはきっと、私が先輩を引き止めたあの時の事だ。
あの時すでに、黒瀬さんは近くにいたということになる。



「怒らないでよね僧ちゃん。単に覗いてたわけじゃなくて、あたしなりに見極める必要があったんだから」
「わかってるよ……」
「この子が大した覚悟もなくあんたを繋ぎ止めるつもりなら、あたしが記憶を消してたわ。だけどね、あたしだから分かることもあるの」

長い指で私の指をなぞると、黒瀬さんはニコッと笑った。





黒瀬さんが私の右手薬指をスイと2本の指で挟む。

「最大級の祝福を」
「ひゃっ」

そのまま手を持ち上げられて、付け根に口付けられた。


ほんの一瞬、指に圧迫感があり、光の指輪のようなものが見えた気がした。



何が起きたのかわからず、ただ困惑していると黒瀬さんはそっと私の手をテーブルの上に戻す。


「隠形の術にあたしなりのアレンジを加えた特別製の護符よ」


先輩の顔を見れば、度肝を抜かれたと形容していいほど驚いた表情で固まっている。
それを見て黒瀬さんは意味深な微笑みを浮かべた。


「あたしは口だけじゃないのよ。協力してあげるって言ったでしょ? その術については説明いらないわよね」


先輩は私に向かって良かったなと微笑む。


「これで、お前を襲った奴がまた来たとしても、お前のことをぼんやりとしか思い出せなくなるはずだ。気配を探ろうとしても探れない。よくあるだろ? 興味が無いと、何度も見たはずのCMなのに思い出せなかったりするアレ」



「お前は無意識に力を 小沢昭一.放浪芸雑録にして歩いてるから、それを隠してるって言った方がしっくり来るかもな。妖にしろ霊にしろ、そういうのは目に付くからちょっかい掛けられやすいんだよ」
「綺麗な色の光が見えてたからね~」

黒瀬さんもうん、と頷く。




「黒瀬さん、ありがとうございます」

私は深々と頭を下げた。
本当は立ち上がって、最敬礼をしたいくらいだったけど。
レストランの中だと目立つので、これで我慢。

「あ、瑛……さん」 「……はいっ!」




あ、この流れは……

「というわけで、番号交換、ね」

ですよね。






番号を交換すると瑛さんは 未使用 リーデル パフォーマンス テイスティングセットを片手で操作して、あらやだと呟いた。

「メッセージが来てたわ。あのコったら……電話を鳴らしなさいっていつも言ってるのに……」

んもー、とブツブツ言いながら瑛さんは返事を打ち込んで。


「それじゃ、あたしは失礼するわね。近いうちにまた会いましょ」

席を立ちながら、ウインクをひとつ。
ここまでウインクが似合う人も珍しい。




「ふふっ。頑張んなさいよ、僧ちゃん?」
先輩は焦ったように余計な世話だと早口で返して。

コロコロと、綺麗な声で笑いながら瑛さんは去って行った。



「あの野郎、余計な事を思い出させやがって」

先輩は珍しく情けない表情で、テーブルに肘をつく。

私はただ首を傾げて、残りのプッシー・キャットを飲み干すのだった。
憂国のモリアーティ ジャンプSQ. 抽プレ マグカップ 三好輝 竹内良輔

【激怒】フリマの闇!メルカリで悪質ユーザと45日戦った話 【#118 こうくんぱぱLive (編集版)】

ティファニー ラビングハート リング シルバー925 6.5号くらい

【頭金は絶対入れるな】住宅ローンを組む時に損しないために気をつけること5選

【極美品・レア】クリスチャンディオール ネックレス ペンダント チョーカー
ふわっと緩くウェーブした 筒丸60 テニスボール保存 再生器ロングの髪は艶やかで、少し垂れ目がちの瞳は長いまつ毛の奥に黒曜のように煌めき、左目の下には色っぽい泣きぼくろ。

紅過ぎないワイン色のルージュは色白な肌によく映えていて。

私の頬をつついた指先は、黄昏時の空の色みたいに彩られていて。




どこからどう見ても、すごく綺麗なお姉さんなのに。


この人は今何て言っただろうか。







お兄さん。





服装自体はオシャレなお兄さんと言えなくもない。


「あー今風にいうと何になるんだっけな……」
「まぁ、オネェってやつかしらね」
「オカマって言うと怒るもんな」
「僧ちゃん?」
「痛い痛いすいません」




「あたしはね、別に男が好きなわけじゃないのよ。ちゃーんと可愛い女の子が恋愛対象。ただそうねぇ、心はどっちかっていうと女なのよね。お洒落もしたいし、女の子で集まって恋バナとかしたいし?」


認識としては、やっぱりお姉さんでいいのかな。




「あー……こいつは黒瀬瑛(くろせあきら)。まぁ……古い知り合いだ」


言葉尻を濁した先輩を見てピンと来る。

多分、この人も天狗……ううん大天狗のひとりなんだ。
時代に溶け込んでるあたりは先輩に負けず劣らずだけど、みんなこうなのかな。



無難に紹介してるし、さっきの先輩の態度から考えても、私が先輩の正体を知ってる事は秘密にしておいたほうが良さそう……?





「ふぅん……ねぇ僧ちゃん。もうお食事も済んでるんでしょ。少し話さない?」

ね? と黒瀬さんは先輩の隣の席を指さした。
同席したい、という事らしい。


先輩は渋い顔をしたが、黙って奥の席にずれた。

「あらありがとう。 YVES SAINT LAURENT rive gauche ボタンダウンシャツを下さる?」

89体 フィギュア まとめ売りって、聞いた事ある。

すごくキツいカクテルじゃなかったっけ……

「で、何だよ」


先輩は彼? が苦手なのか、さっきから 【さらに値下】ララオイル 8箱(賞味期限 2023年3月)な感じだ。
黒瀬さんのほうは慣れているのか、気にした様子もない。

「え? ええっと、確かプ」
「余計な詮索はいいから、本題に入れ」

先輩が慌てて遮る。


黒瀬さんは可笑しそうに、口元に手を当てて肩を揺らした。


「可愛い子猫ちゃんだものねぇ」

プ、と聞いて一瞬でそれが出るって、凄い……


「うるさいな。お前は俺をからかいにわざわざ来たのか?」
「まさか。……あぁ、ありがとう」


ちょうど 七五三シューズ ハレクツ 赤 女の子用 16.0cmが運ばれてくる。

ごく薄い金色の液体がカクテル・グラスに満たされて、中には確か……オリーブの実だったかがひとつ沈んでいた。

黒瀬さんはそれに口をつけるとふう、と息を吐いて。





「ねえ僧ちゃん。拓(たく)ちゃんが黙ってないと思うわよ、人間の娘さんに手なんか出したら」

冷やりとするような、低い声。

先輩がバッと振り向き黒瀬さんの顔を凝視したが、彼は何食わぬ顔で マティーニを味わっている。



「大天狗イチの情報通を舐めてもらっちゃ困るわね。あんたが力を使った波動……あたしの可愛い下僕ちゃんがキャッチしたのよ。おかげで早々に女子会を抜ける羽目になっちゃったじゃない」
「筒抜けってこと、か」

よく分からないけど、黒瀬さんにはバレてしまっているようだ。
まずいんじゃないかな……


ひやりと背中を冷たいものが流れる。
先輩も警戒したように彼を見つめたまま動かない。



「カクテル、ぬるくなっちゃうわよ。飲んだら?」

勿体ないでしょ、と人差し指を唇に当てて妖艶に微笑む黒瀬さん。


「俺は……譲るつもりはねぇぞ」

先輩が硬い声色で絞り出すように言えば。
黒瀬さんは、一瞬の間のあと……


ぷ、と コムデギャルソン FH T004 W21 Tシャツ ホワイト メンズ Sた。



「あーやだやだ、マジな顔しちゃって」

ケラケラと笑って、ふと黒瀬さんの表情が柔らかくなった。


「んな事は言われなくても分かってんだよ」



先輩も警戒を解いて、残ったヴァージン・メアリーをぐっと煽る。

居心地悪そうに目を逸らす先輩を見て、黒瀬さんはとても綺麗な微笑みを浮かべた。
慈しむような、優しい微笑み。


「……本気なのね、本当に。あんたがそんな顔してるのを見るのは何百年ぶりかしら」


黒瀬さんがふと私を見つめてきた。
やっぱり、優しい笑顔。


今、かなり大変な状況にいるのはわかってるんだけど……
またもや、私の本能はこう言っていた。
この人は信じても大丈夫、と。






「ふふっ。面白いじゃない。いいわ、あたしは協力してあげる。この子ならきっと大丈夫……そう思えるしね。あーほんと可愛いわ、あたしに乗り換えてくれてもいいのよ?」



「大天狗ふたりがあなたのみ・か・た。心配しないで、あなたはそのままのあなたでいればいいわよ、琴馬ちゃん」



「私にそんな力は無いですよう、霊と遭遇 するだけで金縛りにかかっちゃうような私では祓えるわけもないですし……」

それに、と。

神妙な顔つきで琴馬は窓から見える夜景を見つめる。



「おばーちゃんも、もしかしたら祓うつもりがないのかも……」
「どういう事だ?」

琴馬の瞳が不安そうに揺れる。


何かを隠してる気がするんです、と琴馬は項垂れた。

「それは……そうですね。長年一緒に暮らしてきたから何となく分かるんです。祓う気がある時のおばーちゃんの感じ。今回はそれが全くなくて」

琴馬の勘も馬鹿にはできねぇ。




俺の問いに琴馬は素直に頷いた。

「ならいい。その調査、俺も手伝ってやるよ」
「えっ!! い、いいんですか?」

どのみち……仮に祓うつもりがあったのだとしても。










それより、だ。


今ここに来て、俺は大問題に直面していた。
早い話が……いや遅く言っても変わらんか。
つまり、恋人同士になった、わけだ。


「このあと、どうする?」
「へっ?」


やっぱりこいつも考えてなかったな。
何がですかと言わんばかりの顔で見つめられて俺は閉口する。


「あーつまりだな……いや、やっぱいい」
「えぇ何ですか先輩!」


俺の可愛い子猫は、見た目通り純真無垢だろうからなぁ……
このまま帰って、お前は俺と一緒のベッドで眠るのか? とは聞けない、さすがに。



時計に目を落とせばもう19時を過ぎている。
ここからは大人の時間と言えなくもない。
と言って、ホテルに誘うとかそんなつもりは毛頭ないが。

ただ、この流れだと寮に帰ってじゃあまた明日、とはならないような気がするんだよな。



問題は、俺が耐えられるのかってことだ。

昨日とは違う、こいつの気持ちもハッキリ分かってしまっている。

昨日より……ブレーキは確実に弱っている。


手を出してしまわないかと、自分が怖い。


昨日の今日だぞ?
出会ってすぐに手を出すって紛うことなき不良じゃねえか?
いやまぁ、これから先こいつ以外を愛することはないわけだけど、だからってなぁ……




「……ぱい、先輩!」
「あっ!? な、なんだ?」



「あの……さっきから、あのお姉さんが……」

ちら、と琴馬が視線をずらした。

「お知り合いですか? ずっとニコニコしてこっちに手を振ってらして……」






「知り合いじゃない。あれは見ちゃいけないものだ」
「えっ? ど、どういう……」
「見るな、目を合わせるな、あんな奴は知らん」







「あ~ら、随分な言い草じゃない僧ちゃん」

頭上から降ってきたハスキーボイスに、あぁ……と頭を抱える。

なんで、よりによってこいつが。


「何だってお前がここにいるんだよ、瑛(あきら)」


ギッと睨みつけるとそいつはクスクスと笑って事も無げに言った。


「奇遇よねぇ、あたしはお友達と女子会だったの。もう解散したけど飲み足りないから独りで飲んでたら、どこかで見た顔がいるじゃない?」
「女子会だと? お前は」


ぽん……と。
肩に手を乗せられた。


「そんなことより、この可愛い子は誰なのよ。あたしにも紹介して頂戴な」

痛い痛い。
わかったから離せっての。

「後輩だよ、本日ツーリングデビューだ」
「へぇ、じゃ高校生ね。お名前は?」



「琴馬ちゃんね、か~わいい子じゃない。僧ちゃんには勿体ないわねぇ」
「大きなお世話だ」
「うふふ、琴馬ちゃん。こんなガキんちょやめて、あたしにしない?」



ひえっと琴馬から声が上がる。

「あああの、お、お姉さんはとっても綺麗で素敵だと思うんですけど、わたわた私そういう趣味は……」


瑛は楽しげにコロコロ笑う。


「ありがと、綺麗だなんて嬉しいわ~。でもね、あたしお姉さんじゃなくて……」



俺は再び頭を抱えた。
こいつは初対面の相手には必ずやる事がある。
相手が何であろうとも、だ。





「お兄さん、なのよ」
【メルカリ】値下げするタイミング•値引き交渉で高く買わせるコツを教えます!
SRL BRIMTYPE POT S M 新品 2個セット ブリムタイプ

引用をストックしました

引用するにはまずログインしてください

引用をストックできませんでした。再度お試しください

限定公開記事のため引用できません。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる